自分が自己破産した場合、保証人にはどのような影響がある?

自己破産に強い「サンク総合法律事務所」が24時間相談受付中(無料です)
樋口総合法律事務所

▼保証人とは

借金がかさんで返済ができないので、自己破産をするケースがあります。この場合、連帯保証人などの保証人がいる借金があると、保証人はどうなってしまうのでしょうか。そもそも保証人とはどのような立場の人なのかについて、理解しておく必要があります。

保証人とは、主債務者(借金した本人)が借金返済しなくなった場合にそなえて、主債務者の代わりに借金返済をしなければならない人のことです。お金を貸し付ける際には、主債務者が返済すると言っているだけでは不安なので、担保として保証人をとるのです。

よって、保証人がいる借金がある場合にその借金の返済を遅延していると、債権者は保証人に借金返済の請求をすることになります。

自己破産すると債権者は保証人に請求する

では、自分が自己破産した場合、保証人はどうなるのでしょうか。保証人の義務もなくなるのかが知りたいところです。

この点、自分が自己破産をしても、保証人の義務はなくなりません。そして、自分が自己破産をすると、当然自分はその借金を一切返済しないということになってしまいます。

すると、債権者は当然保証人に借金返済を求めることになります。しかも、この場合には借金残額の一括請求になることが普通です。

これは、借金を長期にわたって滞納した場合や、自己破産した場合などには、借金の分割払いができなくなって、そのときの残金を一括払いしなければならないと契約で定められていることが多いからです。このことを、法律的には期限の利益の喪失と言います。

このように、自己破産をすると、保証人は借金の一括払いを請求されてしまうので、保証人には多大な迷惑をかけることになってしまいます。もし保証人も支払ができないなら、保証人も債務整理をしなければなりません。

保証人がいる場合の債務整理方法

保証人がいる場合に、保証人に迷惑をかけずに債務整理する方法はないのでしょうか。この場合には、保証人がついている借金を外して任意整理をする方法がおすすめです。任意整理では、対象にする債権者を選べるので、保証人がいる借金を外して他の借金だけを整理することができます。この方法をとれば、保証人つきの借金は自分がそのまま返済するので、保証人に迷惑をかけずにすみます。

もし、任意整理では解決できないのでどうしても自己破産する場合には、手続き前に保証人との間で、その後の対応方法についてしっかり話し合っておく必要があります。

まとめ

保証人がいる借金がある場合に自己破産をすると、債権者から保証人に対して一括請求が行われるので保証人に迷惑をかけます。保証人も借金を支払えない場合には、保証人も債務整理する必要があります。保証人に迷惑をかけないためには、保証人がついている借金以外を任意整理する方法が効果的です。

自己破産に強い「サンク総合法律事務所」が24時間相談受付中(無料です)
樋口総合法律事務所