自己破産すると車はどうなる?

自己破産に強い「サンク総合法律事務所」が24時間相談受付中(無料です)
樋口総合法律事務所

自己破産をすると、車はなくなってしまうのでしょうか。車がなくなると、とても生活が不便になるので心配になります。これは車にローンがついているかどうかによって大きく異なってきます。そこで、以下では車のローンがあるかないかによって、場合分けをして解説します。

車のローンがない場合

まずは、車のローンがない場合に自己破産したケースです。この場合、車の価値がどのくらいあるかによって、車がなくなるかどうかが異なってきます。車の価値が20万円を超える場合には、車は現金化されて債権者に配当されてしまいます。よって、その場合には車はなくなります。これに対して、車の価値が20万円以下の場合には、車はそのまま所有したまま破産することができます。

よってこの場合には、車は手元からなくなりません。このように、車のローンがない場合には、車の価値が20万円を超えるかどうかで車の運命が異なってきます。

車のローン返済中の場合

車のローンの返済中に自己破産をすると、車はどうなるのでしょうか。この場合には、車はローン債権者に回収されることになってしまいます。

車のローンを設定する場合には、ローンの完済までは、車の所有名義はローン会社になっています。これは、車のローン返済を滞納した場合には、ローン会社が所有権にもとづいて車を引きあげてしまうようにするためです。このように、ローン完済まで車の所有名義をローン会社にとどめる方法を所有権留保といいます。所有権留保は、担保の1種です。

そして、自己破産をする場合には、すべての債権者を対象にする必要があります。よって、車のローンがある場合には、車のローンも自己破産の対象になります。すると、ローン債権者は先ほどの所有権留保にもとづいて、車を引き上げてしまいます。このことによって、債務者は車を失うことになります。

よって、車のローン返済中に自己破産手続きを行えば、車は手元から失われることになります。

車のローンがない場合

車のローンがない場合に車を守りたい場合には、車の査定額を低くして20万円以下にすることが有効です。そのためには、いくつかのディーラーや中古車屋に行って、なるべく低い査定額を出してくれるように頼んでみましょう。

車のローン返済中の場合

車のローン返済中の場合には、自己破産や個人再生をすると車がなくなります。この場合には、車のローンを外して任意整理手続きをとると、車を守ることができます。

まとめ

車のローンがない場合、車の価値が20万円を超えると自己破産によって車がなくなります。車のローン返済中でも車がなくなります。車を守りたい場合には、20万円以下の査定額にしてもらったり、車のローンを外して任意整理する方法が効果的です。

自己破産に強い「サンク総合法律事務所」が24時間相談受付中(無料です)
樋口総合法律事務所