自己破産をするとカードローンは利用できない?

自己破産に強い「サンク総合法律事務所」が24時間相談受付中(無料です)
樋口総合法律事務所

自己破産をすると、カードローンの利用はできなくなってしまうのでしょうか。負債を整理したあとで突発的にお金が必要になることなどもあるので、心配になります。しかし、一度手続きをすると、基本的にカードローンの利用はできなくなります。

信用情報機関が保有する個人信用情報に事故情報が記録されてしまうからです。銀行などの金融機関や消費者金融などの貸金業者は、ローン審査をする場合に個人信用情報を参照して調査します。このときに個人信用情報に事故情報が記録されていると、ローン審査に通らなくなってしまいます。

このように、個人信用情報に事故情報が記録されてローン審査に通らない状態のことを、俗にブラックリスト状態と言います。ですので当然カードローンの審査にも通過できなくなります。

自己破産後カードローンが利用出来ない期間

手続き後カードローンが利用出来ない期間はどのくらい続くのでしょうか。自己破産による事故情報は、手続き後一定期間が経過すると消除されますので、その期間が経過すれば、またカードローンの利用ができるようになります。事故情報が残る期間は、各信用情報機関によって異なります。

具体的には、CICとJICCの場合には、事故情報は手続き後5年残ります。これに対して、全国銀行個人信用情報センター(KSC)の場合には、事故情報は手続き後10年間残ります。

信用情報機関の中でも、CICは信販会社が加盟していることが多く、JICCは消費者金融が加盟していることが多いです。KSCは、銀行や信用金庫などが加盟しています。よって、銀行系のカードローンを利用したい場合には、自己破産後10年間の経過が必要になることが多くなります。

これに対し、信販系や消費者金融系のカードローンであれば、5年程度経過すれば、また利用出来るようになる可能性が高いです。

自己破産後カードローン利用できるか確認する方法

5年または10年が経過して、そろそろカードローンが利用出来るのではないかと思った場合、本当に事故情報が消えているかどうかを確認できます。そのためには、各信用情報機関に対して、個人情報開示請求をします。

すると、回答書類が送られてくるので、これを見れば自分の個人信用情報の状態がわかります。事故情報が消えていれば、またカードローンの利用ができるようになっているということです。

まとめ

自己破産をすると、ブラックリスト状態になるのでカードローンの利用はできなくなります。カードローンの利用ができない期間は5年~10年です。カードローンの申込み前には個人情報開示請求をして、事故情報が消えているかどうかを確認すると良いでしょう。

自己破産に強い「サンク総合法律事務所」が24時間相談受付中(無料です)
樋口総合法律事務所