自己破産すると住宅ローンは組めないの?

自己破産に強い「サンク総合法律事務所」が24時間相談受付中(無料です)
樋口総合法律事務所

自己破産で借金を0にしてもらっても、その後は住宅ローンが組めなくなってしまうのでしょうか。手続き後はいわゆるブラックリスト状態になってしまいます。ブラックリスト状態とは、ローンやクレジットカードなどの利用ができなくなった状態のことです。

自己破産を始めとした債務整理手続きを利用すると、信用情報期間が保有している個人信用情報に事故情報が記録されてしまいます。銀行などの金融機関や貸金業者は、融資の審査の際にこの個人信用情報を参照します。

すると、そのときに事故情報が記録されていると、自己破産したことが判明してしまい、融資の審査に通らなくなってしまうのです。このように、個人信用情報に事故情報が記録されて、ローン審査に通らない状態のことをブラックリスト状態になります。

自己破産をすると、このブラックリスト状態になるので、住宅ローン審査に通らなくなります。よって、自己破産をすると、基本的に住宅ローンは組めなくなります。ブラックリスト状態になると、住宅ローンの連帯保証人になることもできなくなります。

住宅ローンが組めない期間

住宅ローンが組めない期間はどのくらい続くのでしょうか。個人信用情報に事故情報が記録されても、永遠に記録され続けるわけではありません。事故情報は、一定期間を経過すると、消除されます。自己破産後事故情報が記録されている期間は、信用情報期間によってまちまちです。

CICとJICCの場合には、手続き後5年間事故情報が残りますが、全国銀行個人信用情報センター(KSC)では、手続き後10年間事故情報が残ります。銀行などで住宅ローンを利用したい場合には、手続き後10年程度の経過が必要になります。

自己破産後、再度住宅ローンが組めるようになったかどうかを確認するためには、各信用情報機関に対して個人情報開示請求をする方法があります。これによって、自分の信用情報の状態を確認することができるので、開示請求をした結果、事故情報が消されていたら、住宅ローンの申込みをすると良いでしょう。

住宅ローンを利用したい場合の対処方法

自己破産をした住宅ローンが組めなくなっても、どうしても住宅ローンを利用したい場合があります。この場合には、家族に住宅ローンを申しこんでもらう方法が効果的です。ブラックリスト状態になるのは自分だけなので、家族名義であれば住宅ローンを利用出来るからです。たとえば妻や夫、父親などの名義で住宅ローンを申請してみると良いでしょう。

まとめ

自己破産をすると、住宅ローンを組むことは出来なくなります。住宅ローンが組めない期間は手続き後5年~10年程度です。どうしても住宅ローンを利用したい場合には、家族名義で申しこみましょう。

自己破産に強い「サンク総合法律事務所」が24時間相談受付中(無料です)
樋口総合法律事務所