自己破産すると持ち家はどうなるの?

自己破産に強い「サンク総合法律事務所」が24時間相談受付中(無料です)
樋口総合法律事務所

自己破産をすると借金返済義務はなくなりますが、持ち家がある場合には、家はなくなってしまうのでしょうか。もし家がなくなるなら、引っ越しなどを考えなければならないので、心配になります。この問題は、自己破産によって、債務者の財産がどうなるかという問題と関係します。

自己破産をすると、債務者の目立った財産についてはすべて失うことになります。たとえば20万円を超える預貯金や生命保険、株券や積立金、不動産などはすべてなくなります。自己破産をする場合、債務者に一定の財産があると、破産管財人が選任されます。管財人は、債務者の財産を現金に替えて、債権者に配当する作業を進めます。

よって、一度手続きをしてしまうと、債務者の生活に必要な最低限必要な財産以外はすべてなくなります。

住宅ローンがない場合

自己破産をすると、債務者の主立った財産はすべて管財人によって現金化されて配当されるので、財産が失われます。このとき、当然不動産も対象になります。よって、持ち家がある場合には、やはり管財人の換価の対象になるので、持ち家はなくなります。

住宅ローンがない場合には、管財人がそのまま、自宅の不動産関係の書類を預かって、売却先を探して売却してしまいます。そしてその売却金は債権者に対して配当します。家は新たな所有者(家の購入者)のものになりますので、債務者やその家族は、速やかに家を出なければならないことになります。

住宅ローン支払い中の場合

自己破産をする場合でも、住宅ローン支払い中のケースがあります。この場合に自己破産をすると、住宅ローン債権者は競売を申し立ててきます。すると、競売手続きが進んで家の競落人が現れます。競落された金額は、住宅ローン債権者に支払われることになります。

また、競売によって売却しない場合には、管財人が間に入って、自宅の任意売却をすすめます。この場合にも、家が売れた代金は、住宅ローン債権者に支払われることになります。結局、住宅ローンがある人が自己破産をした場合にも、結局家は失われることになります。

家は新たな所有者のものになるので、債務者やその家族は速やかに家を明け渡さなければなりません。

自己破産しても賃貸住宅の契約はできる

持ち家がなくなるなら、その後どこに住めば良いのでしょうか。この場合には、賃貸住宅を借りて居住するのが普通です。自己破産しても賃貸住宅を借りることに問題はないからです。ブラックリスト状態でも賃貸住宅を借りることは可能です。

まとめ

自己破産をすると、持ち家はなくなります。住宅ローンがない場合にも住宅ローンがある場合にも結局は家が失われます。ブラックリスト状態になっても賃貸契約はできるので、家がなくなった場合には、賃貸住宅を借りて生活をすることが普通です。

自己破産に強い「サンク総合法律事務所」が24時間相談受付中(無料です)
樋口総合法律事務所