自己破産すると家族に悪い影響がありますか?

自己破産すると、自分の借金問題は解決できても、家族に悪い影響が出ないかが心配になります。家族にはどのような影響があるのでしょうか。自分の代わりに家族に請求が来ることなどはないのかを心配する人も多いです。

この点、自己破産をしても、家族に対して請求が来ることはありません。借金は、個人個人のものなので、たとえ家族であっても他者の借入分を代わりに返済しないといけないということにはならないのです。

ただし、家族が連帯保証人などの保証人になっている場合には話が別です。この場合、家族は保証人という立場にもとづいて、借金返済をしないといけなくなります。

家族の信用情報に影響はない

自己破産をすると、自分はブラックリスト状態になってしまいます。ブラックリスト状態とは、ローンやクレジットカードなどの利用ができなくなることです。

自分だけではなく家族の個人信用情報にまで傷がついて、家族もブラックリスト状態になるのではないかと心配されることも多いです。

自分が自己破産をしても、家族の信用情報には影響はありません。家族はローンが組めますし、クレジットカードを発行したり利用することも自由です。実際、ブラックリスト期間中にクレジットカードを使いたい場合には、家族カードを使わせてもらうことなども多いです。

ローンが組めずに家族に不便な思いをさせることも!

自己破産すると、自分がブラックリスト状態になってローンやクレジットカードなどの利用ができなくなります。このことによって、家族に不便な生活をもたらす可能性はあります。

たとえば、家族で話し合って住宅ローンを組もうとしても、自分がブラックリスト状態なので、配偶者などの家族名義でローンを組んでもらうしかありません。住宅ローンを組むときには、夫婦の連帯債務や連帯保証にして収入を合算することも多いですが、自己破産すると、自分は連帯保証人になることもできないので、自分の収入を合算することはできません。

配偶者の収入が足りない場合には、住宅ローンを利用出来ないことになってしまいます。また、配偶者が専業主婦などの場合には、住宅ローンやクレジットカードなどの利用が一切できなくなって大変不便になってしまいます。このように、ローンの利用ができなくなって、家族に不便な思いをさせる可能性があります。

まとめ

自己破産をしても、家族に代わりに請求されることはありませんし、家族の信用情報にも影響はありません。しかし自分がローン利用出来なくなることによって、家族にも不便な思いをさせる可能性があります。

 
樋口総合法律事務所