自己破産と弁護士・司法書士

自己破産を行う場合は、基本的に弁護士などの専門家に依頼することになります。同じ弁護士でも、離婚問題に強い人もいれば債務整理に強い人もいて、専門が様々ですから、自己破産を依頼したいなら自己破産が得意な人を選ばないといけないなど、自己破産をするには弁護士について詳しくなくてはいけません。また、自己破産を依頼できるのは弁護士だけでなく、司法書士も該当しますが、これらの違いやそれぞれのメリットやデメリットをしっかりと司会したうえで最良な判断が出来るようにしておくことも重要です。
特にしたことがない人でも自己破産、という言葉は知っているでしょう。これが最も強い効力がある債務整理であるからです。具体的にどんなことが起きるのか、といいますと債務が帳消しになります。しかし、これは認識としてやや正しくないです。正確ではない、ということです。まず、借金をキチンとまとめて、どれが免責できるのか、ということを決めてもらうことになるからです。免責されないタイプの借金、というのもあるのです。例えばギャンブルの借金などは駄目、ということになっています。奢侈などによる借金も駄目です。駄目、ということになっているのですが、裁判所が認めれば大丈夫ですし、この手の借金であればできることが多くなっているのも事実です。投機はかなり難しいです。これはどうしてか、といいますと使い道、つまりは借り手がはっきりとしてしまっているからです。消費者金融などであれば使い道がわからないのですが、例えば信用取引で証券会社からの、となりますと何に使ったのが丸分かりであるからです。ですから、自己破産で投機の借金を免責されることはほぼないと考えておいた方が良いです。それに他にも出来ないパターンがありますから、よく理解しておくべきです。
自己破産で新しく人生をやり直す、というのはとてもよいことではありますが、実は問題もあります。それがあるので出来ない、と考える人もいるのです。それが保証人の問題です。勘違いしている人が多いのですが自己破産をしても保証人関係が消えるわけではないです。ですから、自己破産をすると連帯保証人に迷惑になるので出来ない、ということがあります。これは本当に苦しい決断になります。仕方ないことでもありますし、連帯保証人になった、ということはそうした状況も甘受する、という覚悟があってこそでもあります。その点をよく踏まえて、実行するべきでしょう。保証人関係がない借金の場合は、言い方は悪いですが好きにすればよいです。個人相手のこともありますが、殆どの場合は金融業者に対する借金です。よくないことではありますが、相手も貸し倒れることの可能性には注意を払っています。言うまでもありませんが、だからこそ、金利が高めになる貸し付け方、というのが存在しているわけです。その点のリスク計算というのは業者はしっかりとしていますから、悪びれる必要もないですが相手も理解しているリスクですから、素直に自己破産をしたほうがよいでしょう。それが賢明です。
自己破産という債務整理にはいくつかのデメリットがあるのです。具体的には一つは名前が公示される、ということです。官報にそれが載ることになりますから、とても大変なことです。それ以降、少なくとも数年はまったく信用がなくなります。金融信用情報が最低になりますから、新しく借金はできない、ということは覚悟しておいたほうが良いでしょう。それと保証人がいるタイプの借金の場合、そちらに請求がいくことになりますから、途轍もなく迷惑を掛けることになります。これを覚悟しておくべきであり、方々に義理を欠くことになりますから、注意したほうが良いでしょう。それでも十分に自己破産をする価値はあります。どうしても借金で首が回らない、と言う人にとってはそうするしかないのです。ですから、それは仕方ないとしてもまずは自分の債務をゼロにすることを考えましょう。確かに自分本位になるのはよくないことではありますが、それでも十分にやるメリットがあります。そうすることによって新しい人生を踏み出すことができるからです。ですから、自己破産は最終手段ではありますが、それでも検討するべきでしょう。本当にどうしようもない時にはやるしかないのです。
自己破産(TOPに戻る)