自己破産するとクレジットカードは作れないの?

自己破産に強い「サンク総合法律事務所」が24時間相談受付中(無料です)
樋口総合法律事務所

自己破産すると、クレジットカードが作れなくなってしまうのでしょうか。この問題は、ブラックリスト状態になることと関係します。

自己破産をすると、信用情報期間が保有している個人信用情報に事故情報が記録されてしまいます。貸金業者や銀行等の金融機関は、貸し付けをする際に個人信用情報を参照します。ブラックリスト状態になっていると、このときに事故情報が記録されていることが判明してしまい、融資の審査に通らなくなってしまいます。

このように、個人信用情報に事故情報が記録されて融資の審査に通らない状態のことを、俗にブラックリスト状態と言っています。

自分名義で新たにクレジットカードは作れない

自己破産をすると、個人信用情報に事故情報が記録されてブラックリスト状態になってしまいます。すると、クレジットカードは作れなくなるのでしょうか。クレジットカード会社も貸金業者の1種です。よって、クレジットカード会社は、クレジットカードの申込みがあると、個人信用情報を確認して、カード発行の審査をします。

このときに事故情報が記録されていると、カードの審査に通らないことになります。ブラックリスト状態になっていると、クレジットカードの審査に落ちてしまうので、クレジットカードを作ることはできなくなります。

破産前に利用していたクレジットカードも止められてしまう

自己破産をした場合、以前から利用していたクレジットカードはどうなるのでしょうか。自己破産をする場合には、すべての債権者を対象にして手続を進めなければなりません。手続き前にクレジットカードを利用して借金していた場合には、それらのカード会社はすべて自己破産の対象になります。すると、当然それらのカードは止められてしまいます。

当然、それまで利用していたクレジットカードの利用も止められてしまうのです。結局、自己破産すると、自分名義のカードを残したり、継続利用する事は不可能になってしまいます。

カードを利用したい場合の対処方法

自己破産をしてもどうしてもカードを利用したい場合にはどのような対処方法をとればよいのでしょうか。この場合、まずは家族カードを利用させてもらう方法が有効です。ブラックリスト状態になるのは破産した本人だけなので、家族は問題なくクレジットカードの発行ができます。また、デビットカードであればブラックリスト状態でも、自分名義で発行することが可能です。

まとめ

自己破産すると、自分名義でクレジットカードを作ることはできなくなります。自己破産前に利用していたカードも止められます。この場合には、家族カードを使わせてもらったり、デビットカードを利用しましょう。

自己破産に強い「サンク総合法律事務所」が24時間相談受付中(無料です)
樋口総合法律事務所