CATEGORY 自己破産とクレジットカードやローン

自己破産をすると負債も資産も無くなります。もちろん、クレジットカードも無くなりますし、自己破産後はブラックリストへの登録は逃れられませんので、新規でクレジットカードを作ったり住宅ローンを組んだりすることは出来なくなります。そのことを理解せずに、自己破産をしてしまい、クレジットカードが作れずに再度借金地獄になってしまうケースもあります。自己破産後はしばらく期間を開けないと再度破産をすることは出来ませんので、破産する前のような取り立てにおびえる日々を再び経験しなくてはなりません。そもそもクレジットカードありきで生活費を計算すること自体が間違っていますが、事前に知っておいて損はないでしょう。もちろん住宅ローンについても同様です。住宅ローンを組むつもりだったけど審査に通らなくて、賃貸にしたとなれば、生涯家に払う金額が変わってきますので、こちらも事前に知っておくべきでしょう。

自己破産には色々とメリットがあります。まず、当然ですが債務が帳消しになる、ということがあります。すべてがすべて、というわけではないのですが、それでも十分に知っておく価値はあります。つまりは、借金でどうしようもない時には検討するべき行為の一つであるわけです。そうすれば新しく人生を踏み出すことができるようになるのです。保証人などには物凄く迷惑になるのですが、これはもう甘受してもらうしかないです。保証人になる、というのはそうしたことなのです。その覚悟は少なからずしているでしょうから、こちらの人生の問題でもあるのですから、果敢に決断するべきである、というところでもあるのです。自己破産ではなく、個人再生と言う手もあります。もちろん、これができるのかどうか、ということにもよるわけですが、まずは目指す価値はあります。これは返済を続けることになりますから、保証人に迷惑をかけることがなくなります。そうした意味ではとてもお勧め出来る要素があるといえます。それはよく理解しておくべきではありますが、なかなか上手く行かないときもあります。やはり、自己破産が最大の効果があるのは確かでしょう。とにかく、弁護士に相談をすることです。
債務整理は聞きなれなくても、自己破産なら知っているという人はかなりいるのではないでしょうか。借金で悩んだとき、まず考えるのは自己破産ではありません。他の債務整理の、任意整理、特定調停、個人再生の順で検討していくのが基本です。自己破産は、この3つでは解決できなったときのために用意されている制度です。
自己破産で解決するしか道が残されていないことがわかったら、まず弁護士に相談することになります。それから、地方裁判所に申立てをすることになります。債務者だけでもできないことはありませんが、手間や時間のことを考えると最善とはいえません。
自己破産の最大の特徴はすべての借金が0になることです。債権者から催促が停止します。これ以上借金の問題で苦しまなくてすむようになるのです。
ただで借金が0になるわけではありません。自動車や自宅など、債務者名義の財産が没収されることになります。この財産は処分されて、債権者への配当に回させることになります。2度と取り戻すことができないのです。
裁判所の許可なく引っ越しや旅行をすることはできません。債務者充ての郵便物は、1度破産管財人のところに送られることになります。働ける仕事に制限が発生します。弁護士や税理士の資格をとることはできません。ただ、自己破産の手続きがすべて完了したあとは、これらの制限は解除されます。
債務整理といえば自己破産、と言えるくらい知名度があります。知名度があるのはよいですが、色々とデメリットもあることをよく理解しておいたほうがよいでしょう。具体的にいいますとこれは殆どの財産を処分することになるからです。それに名前も官報に公示されるようになります。いくつかの資格は利用停止になりますし、特定の職には事実上、就くことができなくなることもあります。既に就いているとしても暗に退職を促されることすらあります。ですから、自己破産というのは債務がなくなって万々歳、というわけではないのです。キチンとデメリットも存在していますから、それは注意しておいたほうが良いでしょう。しかし、それでも十分にやる価値があります。もちろん、誰でも、というわけではないですが、普通の借金であり、それなりの理由があるのであればそこまで難しい問題ではないのです。ですから、しっかりとまずは専門的なところに相談をするとよいでしょう。具体的には弁護士か司法書士になります。相談にもお金がかかることになりますから、それは覚悟しておきましょう。しかし、それでもとても良い人生の転換に繋げることができる可能性のほうが高いのは確かです。
自己破産という債務整理手続きは、かなり重たいです。なぜなら、回数制限と差し押さえに関するデメリットがあるからです。
基本的に破産になった時には、必ずと言って良いほど財産が押さえられてしまいます。貯金が抑えられてしまう点に、大きなネックを感じる方々も見られます。
それともう1つの回数のネックが大きく、原則として人生で1回限りの手続きになるのです。2回目はありません。ですのでそれを行うべきか否かは、やはり慎重に決断するべきでしょう。
ただ、実は例外もあるのですね。何かの理由があって、2回目の破産を行いたいと思う事もあるでしょう。理論上は、実はそれは可能なのです。
ただしそれにはハードルが幾つかあって、免責と呼ばれるものが認められなければなりません。認められなかった時は、もちろん却下になるのです。
また1回目と比べると、少なくともハードルはかなり高めですね。裁判官に対する印象が悪いと、やはり却下になってしまう事はあります。
それらを考慮しますと、やはり2回目の自己破産はかなり難しいと考えた方が良いでしょう。原則として1回限りの手続きと考えておくのが無難と言えます。それを考慮すれば、やはり慎重に決断するべきですね。